【録画視聴チケット】2020/7/3 平岡敬さん トークイベント「無援の海峡」 ―ヒロシマの声、被爆朝鮮人の声-
5f7e67f94b08396e7af8c0a1

【録画視聴チケット】2020/7/3 平岡敬さん トークイベント「無援の海峡」 ―ヒロシマの声、被爆朝鮮人の声-

¥1,500 税込

※こちらはダウンロード商品です

20200703_hiraokasan.html

1.78KB

※当日のライブ配信録画の視聴チケットです ■■□―――――――――――――□■■ 平岡敬さん トークイベント「無援の海峡」 ―ヒロシマの声、被爆朝鮮人の声- ■■□―――――――――――――□■■ 「被爆地には多くの朝鮮人たちが居住していた。  しかし戦後、彼ら・彼女らに  救援の手が差し伸べれられることはほとんどなかった」 1983年に出版された、平岡敬元広島市長の 新聞記者時代の渾身のルポ、 「無援の海峡」についてお話しいただきます。 「部屋の整理をしたら出てきたんだ」と ハチドリ舎に著書を持ってきてくださった平岡さん。 投稿するとたちまち「欲しい」という方が集まって、 1980年代に出版されたこの本のテーマが 今なお色褪せずに広島の中にあることを実感しました。 本を読むのはもちろん大事ですが、 貴重な平岡さんのお話、一緒に聞いてみませんか。 <話し手プロフィール> 平岡 敬(ひらおか・たかし) 1927年、大阪市生まれ。広島県出身。 早稲田大学第一文学部卒業後、1952年、中國新聞社入社。同社編集局長、中国放送社長などを経て、1991年より広島市長を2期8年務める。 記者時代から被爆韓国・朝鮮人の支援活動などを行い、市長になってからも被爆者への援護を訴え続けた。95年には、オランダ・ハーグの国際司法裁判所で、核廃絶に消極的な日本政府の方針に抗して、核兵器の国際法上の違法性を強く訴え、世界の人々の反響を呼んだ。96年の「原爆ドーム」の世界遺産登録にも尽力した。 現在、中国・地域づくり交流会会長。旧ソ連の核実験による被曝者の救援活動やカンボジアに「ひろしまハウス」を建設するなど、NGO活動を精力的に続けている。 ————イベント詳細———— 平岡敬さん トークイベント「無援の海峡」 ―ヒロシマの声、被爆朝鮮人の声- 【日時】  7/3(金) 19:00〜21:00 【視聴料】  1,500円 【申し込み方法】  チケットは本ページからご購入ください。購入後、Youtubeの視聴用URLを記載したHTMLファイルをダウンロードできるようになります。 【主催】  Social Book Cafe ハチドリ舎 【お問い合わせ】  TEL:082-576-4368  mail:hachidorisha@gmail.com ————————————————————