2021/3/11 ポスト3.11〜映画・アートからみる原発事故
602bbf2e2438605f8d63f878

2021/3/11 ポスト3.11〜映画・アートからみる原発事故

¥1,200 税込

※こちらはダウンロード商品です

20210311_post311.html

7.37KB

■■□―――――――――――――□■■ ポスト3.11〜映画・アートからみる原発事故 ■■□―――――――――――――□■■ 東日本大震災から10年を迎える日。 当時を振り返るだけでなく、この10年で日本はどのように変わったのか・変わらなかったのかを考えてみませんか。 震災以後のドキュメンタリー映画を通して再考する一冊、「NO NUKES―〈ポスト3・11〉映画の力・アートの力―」著者のミツヨ・ワダ・マルシアーノさんにお話を伺います。 タイトルにもある通り、主に注目するのは福島の原発事故をどのようにドキュメンタリーが伝えているのかという変遷です。この10年間で映像が反原発にどう貢献しているか、またはしていないのか。 お話を伺いながら、一緒にこの10年間と、今の社会を省みてみませんか。 <ゲストプロフィール> ミツヨ・ワダ・マルシアーノさん 京都大学文学研究科・国際文化越境専攻長。専門領域は映画・メディア研究。著書は『ニッポン・モダン——日本映画1920・30年代』(2009年)、『デジタル時代の日本映画——新しい映画のために』(2010年)、『「戦後」日本映画論——一九五〇年代を読む』(編著、2012年)、『〈ポスト3.11〉メディア言説再考』(編著、2019年)、『NO NUKES——〈ポスト3.11〉映画の力・アートの力』(2021年)など。 ————イベント詳細———— ポスト3.11〜映画・アートからみる原発事故 【日時】  3/11(木) 19:00〜21:00 【参加費】  1,200円 (店内参加は1,000円+1drink) 【申し込み方法】  本チケットをご購入ください。購入後、HTMLファイルがダウンロードできるようになります。そのHTMLファイルにzoom参加URLを記載しております。 ※オンライン参加の場合、「Zoom」を使用します。開始までに下記URLよりZoomアプリをインストールしておいてください。  https://zoom.us/download#client_4meeting 店内参加をご希望の方はこちら:https://forms.gle/rA2eHjHGo45r363E7 【主催】  Social Book Cafe ハチドリ舎 【お問い合わせ】  TEL:082-576-4368  mail:hachidorisha@gmail.com ————————————————————