【録画視聴チケット】2021/8/8 『東京クルド』日向史有監督に聞く、ドキュメンタリーを撮るということ
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

【録画視聴チケット】2021/8/8 『東京クルド』日向史有監督に聞く、ドキュメンタリーを撮るということ

¥1,200 税込

※こちらはダウンロード商品です

20210808_hyugakantoku_rec.html

4.09KB

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー1件
※当日のライブ配信録画の視聴チケットです。 ■■□―――――――――――――□■■ 『東京クルド』日向史有監督に聞く、 ドキュメンタリーを撮るということ ■■□―――――――――――――□■■ ★映画本編は横川シネマで8/8〜8/14上映!本企画に上映は含まれませんのでご注意ください。 「東京クルド」 広島公開はいつかいつかと待っていて、さすがの横川シネマでの上映と監督トークを知り、広島に来られるならば、少し前に、ウーマンラッシュアワー村本さんを撮った「村本大輔はなぜテレビから消えたのか?」※ についても聞きたい!と、トークイベントをお願いし快諾いただいての今回! ※第11回 衛星放送協会オリジナル番組アワード」の番組部門最優秀賞を受賞 私はドキュメンタリーを観ると、大抵、胸が痛くなる。 けれども観終わって数時間経ってしまえば、その痛みは消えてしまう。もしかして私は、彼らの悲しみを消費してしまったのではないか、と不安になる。 ウーマンラッシュアワー村本さんがこう言っていた。 「情報は誰かの痛み」 「声なき声なんかない、聞こえないふりをしているだけ」 いないことにされそうな人たちが、いるんだって伝えてるんだと。 移民や難民問題、ブラック・ライヴズ・マターなどの分野でドキュメンタリーを撮っている、日向さんの姿が重なった。 でもきっと、痛みを撮ることの痛みもあるんじゃないかと。 「ドキュメンタリーを撮るということ」 日向さんに聞いてみたいと思います。 <ゲストプロフィール> 日向史有 2006年、ドキュメンタリージャパンに入社。東部紛争下のウクライナで、「国のために戦うべきか」徴兵制度に葛藤する若者たちを追った『銃は取るべきか(NHK BS1)』や在日シリア人“難民”の家族を1年間記録した『となりのシリア人(日本テレビ)』を制作。2017年、18歳の在日クルド人青年のひと夏を描いた「TOKYO KURDS/東京クルド」で、TokyoDocsショートドキュメンタリー・ショーケース優秀賞受賞。2018年、北米最大のドキュメンタリーフェスティバル HOT DOCS正式招待作品に選出。 ————イベント詳細———— 『東京クルド』日向史有監督に聞く、 ドキュメンタリーを撮るということ 【日時】  8/8(日) 16:00〜17:30 【視聴方法】  本チケットをご購入ください。購入後、HTMLファイルがダウンロードできるようになります。そのHTMLファイルに視聴URLを記載しております。 【主催】  Social Book Cafe ハチドリ舎 【お問い合わせ】  TEL:082-576-4368  mail:hachidorisha@gmail.com