2021/12/18 野生動物と人は共存できるのか? 中国山地から考える
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

2021/12/18 野生動物と人は共存できるのか? 中国山地から考える

¥1,200 税込

※こちらはダウンロード商品です

20211218_chugokusanchi.html

7.33KB

■■□―――――――――――――□■■  野生動物と人は共存できるのか?  中国山地から考える ■■□―――――――――――――□■■ イノシシやシカ、クマ、サルなどの野生動物による被害が各地で報告されています。では「害獣」として撲滅を目指せば良いのでしょうか?島根県美郷町を拠点に野生猪を捕獲、食肉処理し、全国に出荷している「おおち山くじら」の森田朱音さんと考えます。 <ゲスト> 森田朱音さん(株式会社おおち山くじら) 森田一平さん(みんなでつくる中国山地百年会議) <ゲストプロフィール> 森田朱音(もりた・あかね) 福岡県出身。東京のマーケティング会社で地域活性事業に携わった後、2014年、美郷町に移住。野生鳥獣に関わるコンサルティングや商品開発、卸販売を手掛ける「クイージ」との業務提携の下、地域おこし協力隊として3年間、「おおち山くじら生産者組合」でジビエをはじめ産物の販売に携わる。2017年、「クイージ」と共同で「株式会社おおち山くじら」を設立。食肉処理や缶詰の加工、販売の他、イノシシ革の活用や内臓のペットフード利用などを手掛ける。 森田一平(もりた・いっぺい) 1968年、島根県邑南町(旧羽須美村)生まれ。島根県の地方紙・山陰中央新報報道部などで政治・行政分野を中心に26年間記者を務める。2013年、竹島など国境問題を考える連載企画「環(めぐ)りの海」で新聞協会賞受賞。2018年同社を退職。邑南町に帰郷し、同町役場任期付職員として働きながら、JR三江線跡地活用を目指すNPO法人江の川鐵道でトロッコの運転に励む。 ————イベント詳細———— 野生動物と人は共存できるのか? 中国山地から考える 【日時】  12/18(土)19:00〜21:00 【参加費】  1,200円 (店内参加は1,000円+1drink) 【申し込み方法】 直接参加:https://forms.gle/KTQv9W7L9sYQD6ns6 オンライン参加:本チケットをご購入ください。  購入後、HTMLファイルがダウンロードできるようになります。そのHTMLファイルにzoom参加URLを記載しております。企画中・企画後にYoutube配信を視聴いただくことも可能です。 ※本企画は「Zoom」を使用します。開始までに下記URLよりZoomアプリをインストールしておいてください。  https://zoom.us/download#client_4meeting 【共催】  みんなでつくる中国山地百年会議   ハチドリ舎 【お問い合わせ】  TEL:082-576-4368  mail:hachidorisha@gmail.com ————————————————————