{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

2022/6/25 映画「標的」横川シネマ封切り記念トーク 「ヘイト極右によるバッシングのはじまりから今」

¥1,200 税込

※こちらはダウンロード商品です

20220625_hyoteki.html

7.44KB

■■□―――――――――――□■■ 映画「標的」横川シネマ封切り記念トーク 「ヘイト極右によるバッシングのはじまりから今」 ■■□―――――――――――□■■ ※映画本編は横川シネマで上映。  ハチドリ舎では上映しないのでご注意ください※ 元慰安婦の証言を記事にした元朝日新聞記者・植村隆が、本人のみならず家族までもが理不尽なバッシングにさらされたことに抗い、真正面から立ち向かう姿を記録したドキュメンタリー、「標的」。 映画の封切りに合わせ、植村隆さん・西嶋真司監督にヘイト極右によるバッシングについて詳しく伺います。 <ゲストプロフィール> 植村隆さん 1958 年生まれ『週刊金曜日』発行 人兼社長。元朝日新聞記者。元カト リック大学招聘教授。著書に『真実 ―私は「捏造記者」ではない』(岩 波書店)、『マンが韓国現代史 コバ ウおじさんの 50 年』(金星煥氏との 共著、角川ソフィア文庫)など。「捏 造記者」の汚名を晴らすため提訴し た裁判は敗訴が確定(2021.3.11)。 西嶋真司さん 1957 年生まれ 1981 年RKB毎日放送 入社。1991 年から 1994 年までソウル 特派員。「コタ・バル~伝えられなかっ た戦争」(2011)、「嗣治からの手紙~画 家は、なぜ戦争を描いたのか」(2014) など戦争を中心とするドキュメンタリ ー番組を製作。ドキュメンタリー映画 「 抗 い ~ 記 録 作 家 林 え い だ い 」 (2017)、「標的」(2021)で監督を務め る。『標的』で韓国の第 33 回アン・ジ ョンピル自由言論賞を受賞。 ————イベント詳細———— 映画「標的」横川シネマ封切り記念トーク 「ヘイト極右によるバッシングのはじまりから今」 【日時】  6/25(土)19:00〜21:00 【参加費】  1,200円 (店内参加は1,000円+1drink) 【申し込み方法】 店内参加:https://forms.gle/VWjbywKGYyB1GGUq6 オンライン参加:本チケットをご購入ください。  購入後、STORESより送られてくる注文確認メール(もしくは支払い確認メール)内にある「ダウンードボタン」で、HTMLファイルをダウンロードできます。そのHTMLファイルにzoom参加URLを記載しております(携帯の場合、ダウンロードしたファイルが確認しずらいので、PCでの参加をおすすめします。)企画中・企画後にYoutube配信を視聴いただくことも可能です。 ※本企画は「Zoom」を使用します。開始までに下記URLよりZoomアプリをインストールしておいてください。  https://zoom.us/download#client_4meeting 【主催】   ハチドリ舎 【お問い合わせ】  TEL:082-576-4368  mail:hachidorisha@gmail.com ————————————————————