{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

2022/8/15 ひろしまアニメーションシーズン2022とアーティスト・イン・レジデンスとは?

¥1,200 税込

※こちらはダウンロード商品です

20220815_animation.html

7.38KB

■■□―――――――――――□■■ ひろしまアニメーションシーズン2022と アーティスト・イン・レジデンスとは? ■■□―――――――――――□■■ 2022年8月に広島市で初めて開催される「ひろしまアニメーションシーズン2022」と、企画のひとつである「H-AIR ひろしまアーティスト・イン・レジデンス」について、招へいアーティストの是恒さくらさんと、レジデンス受入施設である佐伯区皆賀の「minagarten(ミナガルテン)」代表・谷口千春さんに聞きます。 <ゲストプロフィール> 是恒さくら(これつね・さくら) アーティスト。 1986年広島県呉市(旧・安芸郡)音戸町生まれ。2010年アラスカ大学フェアバンクス校リベラル・アーツ・カレッジ美術学科卒業、学士(美術)。2017年東北芸術工科大学大学院修士課程修了。国内外各地の捕鯨、漁労、海の民俗文化を尋ね、リトルプレスや刺繍、造形作品として発表する。リトルプレス『ありふれたくじら』主宰。最近の展示に「開館20周年展 ナラティブの修復」(せんだいメディアテーク、2021)、「VOCA展2022」(上野の森美術館)など。ひろしまアニメーションシーズン2022のひろしまアンーティスト・イン・レジデンス招へいアーティストとして2022年5月から9月までminagartenに滞在中。 https://sakurakoretsune.com/ 谷口千春(たにぐち・ちはる) 「minagarten(ミナガルテン)」代表、モノガタリスト/地域資源プロデューサー。 2020年10月、園芸卸売業跡地をリノベーションした緑豊かなまちづくりプロジェクト「minagarten(ミナガルテン/広島市佐伯区)」を始動。17戸の住宅群と、カフェやシェアキッチン、ギャラリー機能を備えるコミュニティ施設、アーティスト・イン・レジデンス機能を備える民泊などのプロデュースを行う。「人と暮らしのwell-being(幸福)」「広島の欲しい未来の縮図をつくる」をテーマに、歴史や文化・芸術の担い手を育みながら、ローカルとグローバルを横断するコミュニティ形成を目指す。近年、まちづくりにおける「シティビジョン」と「シビックプライド」の領域に関心を寄せ、活動領域を広げる。 https://minagarten.jp/ ————イベント詳細———— ひろしまアニメーションシーズン2022と アーティスト・イン・レジデンスとは? 【日時】  8/15(月)19:00〜21:00 【参加費】  1,200円 (店内参加は1,000円+1drink) 【申し込み方法】 店内参加:https://forms.gle/rDErALqNW3Lh4yuP7 オンライン参加:本チケットをご購入ください。  購入後、STORESより送られてくる注文確認メール(もしくは支払い確認メール)内にある「ダウンードボタン」で、HTMLファイルをダウンロードできます。そのHTMLファイルにzoom参加URLを記載しております(携帯の場合、ダウンロードしたファイルが確認しずらいので、PCでの参加をおすすめします。)企画中・企画後にYoutube配信を視聴いただくことも可能です。 ※本企画は「Zoom」を使用します。開始までに下記URLよりZoomアプリをインストールしておいてください。  https://zoom.us/download#client_4meeting 【主催】  Social Book Cafe ハチドリ舎 【お問い合わせ】  TEL:082-576-4368  mail:hachidorisha@gmail.com ————————————————————