{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

【録画視聴チケット】2023/5/11 「ジェンダー視点で見る 廣島/ヒロシマ/広島」 〜「ひろしま女性学研究所」の高雄きくえさんに聞く vol.2〜

1,000円

※こちらはダウンロード商品です

20230511_gendertakaosan.html

7.69KB

※当日のライブ配信録画の視聴チケットです。 ■■□――――――――――――――□■■ 「ジェンダー視点で見る 廣島/ヒロシマ/広島」 〜「ひろしま女性学研究所」の高雄きくえさんに聞く vol.2〜 ■■□――――――――――――――□■■ 「被爆の記憶は、無罪無垢の女性被害者像として描かれ、ゆえに戦争の加害の側面やマイノリティーの存在などが見えなくなっているのではーー?」 ステレオタイプに語られがちな「ヒロシマ」を、多様な切り口から再考する好機となった「被爆70年ジェンダー・フォーラムin広島」。 企画の中心にいた高雄さんに、改めてお話を伺います。 <ゲストプロフィール> 高雄きくえさん 1985年女3人で家族社を設立、ミニコミ紙月刊家族(~2005)を発行。女性・家族専門書店「ブックス家族」を開店(1990~2002)。この間、公開講座も開講。2006年からひろしま女性学研究所と改称し、書籍出版社として再出発。ジェンダー・フェミニズム・広島関連の書籍を出版する。2015年「被爆70年ジェンダー・フォーラムIn広島 ヒロシマという視座の可能性をひらく」を開催。翌年「全記録集」を発行。2021年1月から「ジェンダー×植民地主義 交差点としてのヒロシマ」全8回連続講座を開催。翌年「論考集」として出版。2020年『わたしの名前 フェミニズム/植民地主義という視点』を出版。現在「加納実紀代《広島―加害と被害の二重性ー女性史》資料室サゴリ」を準備中、春、仮オープン予定。合間を縫って映画鑑賞、クレヨン画、広島同人誌あいだ刊行、グループホーム泊りアルバイトを楽しんでいる。 ————イベント詳細———— 【実施日時】  5/11(木)19:00〜21:00 【視聴料】  オンライン:1,000円 【申し込み方法】 本チケットをご購入ください。 チケットは決済後、すぐにURL情報が記載されたHTMLファイルをダウンロードできます。決済しても画面が切り替わらない、もしくはメールが届かない場合、イベント前日までにご連絡ください。当日ですと時間に余裕がなく、対応できない場合があります。 ※購入の仕方:https://tinyurl.com/2kheo632 ※携帯の場合、ダウンロードしたファイルが確認しずらいので、PCでの参加をおすすめします。 【主催】  Social Book Cafe ハチドリ舎  ジェンダーを考える広島県民有志 【お問い合わせ】  TEL:082-576-4368  mail:[email protected] ————————————————————

セール中のアイテム