{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

2023/5/26 アフリカのスラムに学校を作る ~子どもたちの笑顔、命の輝き~

1,500円

※こちらはダウンロード商品です

20230526_hawakawasan.html

7.6KB

■■□――――――――――――□■■  アフリカのスラムに学校を作る  ~子どもたちの笑顔、命の輝き~ ■■□――――――――――――□■■ 早川千晶(ケニア在住35年) ケニアに人口200万人とも言われる人口過密のスラム街があります。 私はケニアで、過酷な状況の中で生き抜く人々と共に30年間生きてきました。どん底のような貧困の中で親を失い、住まいまで失った子どもたちが、それでも様々な努力をして懸命に生きる姿に出会ってきました。 そんな子どもたちを救済する学校を作ったのは、リリアンに出会ったからです。スラムで生まれ育ち自分自身も両親を早くに亡くしたリリアンは私の30年来の親友です。「このスラムで親を亡くすという事が子どもたちにとってどういうことか、あなたにはわかる?その孤児たちがどんな苦労をして生きていかねばならないか、その絶望がどんな真っ暗闇かをあなたは知ってる?」このようにリリアンは私に問いかけました。 リリアンが粗末な長屋の一室の自宅に、一人また一人と孤児の子どもたちを連れてきて、小さな寺子屋が始まりました。「絶望した子どもたちに希望を与えることは、お金なんか一銭もなくても出来る。愛のある言葉をかけることには一円もかからない」そうリリアンは言いました。 ここに光がある。ボロボロのスラム街に溢れる命の輝き、そのそばで私も生きていきたいと思いました。あれから30年。今ではマゴソスクールで育った子どもたちが若者になり、このキベラスラムを根底から変えていくための活動を始めています。 どん底から生み出す希望、真っ暗闇の中の光。人はなぜ生まれ、なぜ生きるのか、人間とはなんなのか。そんな究極の問いの先に、人類の未来への希望を生み出したい。そんなスラムの仲間たちとの毎日を語ります。 <ゲストプロフィール> 早川千晶(はやかわ・ちあき)さん ケニア在住35年。大学生のときに世界放浪の旅に出発。世界各国を旅し、そのまま日本に帰らずケニアに定住。撮影コーディネーター、ライター、通訳、「アフリカを深く知る旅」案内人。 ナイロビ最大の貧困地区キベラスラムで孤児や困窮児童のための学校「マゴソスクール」、モンバサ近郊のミリティーニ村で「ジュンバ・ラ・ワトト」(子どもの家)、高校生・大学生のための奨学金グループ「マゴソOBOGクラブ」、障害児の特別学級、スラムの若者たちのエンパワーメント「MCC-Magoso Community Center」などを設立運営。マサイ民族とドゥルマ民族の村でホームステイ&伝統文化体験のエコツアー、キベラスラムのスタディツアーなども手掛けている。 著書に「アフリカ日和」。2013年在ケニア日本大使館在外公館長表彰、2015年度第5回賀川賞受賞。2018年ドゥルマ民族の伝統継承者「旗持」に就任。2021年第56回社会貢献者表彰受賞。 マゴソスクールを支える会 http://magoso.jp/ ————イベント詳細———— 【日時】  5/26(金)19:00〜21:00 【参加費】  店内:1,500円+1drink  オンライン:1,500円 【申し込み方法】 店内参加:https://forms.gle/X7kLXKgKZUD4d7wYA \アーカイブ視聴可能/ オンライン参加:本チケットをご購入ください。 チケットは決済後、すぐにURL情報が記載されたHTMLファイルをダウンロードできます。決済しても画面が切り替わらない、もしくはメールが届かない場合、イベント前日までにご連絡ください。当日ですと時間に余裕がなく、対応できない場合があります。 ※購入の仕方:https://tinyurl.com/2kheo632 ※携帯の場合、ダウンロードしたファイルが確認しずらいので、PCでの参加をおすすめします。 【主催】  Social Book Cafe ハチドリ舎 【お問い合わせ】  TEL:082-576-4368  mail:[email protected] ————————————————————

セール中のアイテム